返回列表 回復 發帖

bvlgaripaulsmithoutletja.asia-ブルガリブルガリ20043647

とルシアは一言、呟くように言った。「罪の…償い?」「人を…殺したんだ。たくさんの人を。そして、名前がない俺に名前をつけて育ててくれた人を、一番大切な人を殺したんだ。この手で…。俺には、名前を持つ資格なんてなかったんだ」と、ルシアは淋しく微笑した。そこには、昼間の無邪気な笑顔を見せるルシアはいなかった。代わりに、悲しい影を背負った大人びた少年が立たずんでいた。ティーナはこの時、ルシアのあの言葉の意味がわかった。「だから、名前を名乗る時に一応って言ったのね。ごめんなさい、私、悪いこと聞いちゃったのね」とティーナは、俯いた。「ねぇ、ティーナ」と、ルシアは明るい声で声をかけた。ティーナは、顔を上げた。「俺がティーナを助けてあげる」「え?」ルシアの突然の言葉にティーナは、きょとんとしていた。「俺が怪物を倒せば、ナイトの処に行かなくてすむだろ?」「そうだけど…」http://www.bvlgaripaulsmithoutletja.asia「ティーナ、何か酷くない?」と、ルシアは仏頂面になった。「ごめん」とティーナは笑って謝った。ブルガリブルガリ「私は17よ。ルシアより2つ上ね」「ルシアは、旅をしているんでしょ?何でこの町に来たの?」ブルガリ キーケース
第7話 罪
「ティーナ、どうしたの?」「ルシアと話しがしたいと思って。駄目かな?」レスポートサック 店舗
ティーナは、次の質問をした。「別に何処へ行くっていう当てはないんだ。たまたま通りかかった町に来て、困った人達を助けるんだよ」レスポートサックハワイ
ティーナは、ルシアの無邪気な笑顔と素直な言動から、もっと歳下だと思っていた。「そう言われれば15に見えなくないわね」ブルガリ チョコ
「いいよ」とルシアが返事をすると、「よかった」と、ティーナはにこっと笑ってベットに腰掛けた。ブルガリ キーケース
昼の明るさを失った空には、闇に捕えられた光達が、必死に輝き続けていた。「罪の償い」レスポートサックハワイ
「何でそんな事をするの?」ルシアはティーナに背を向け、開けていた窓から夜空を見上げた。ポールスミス 時計
「ルシアって歳いくつ?」「多分…15くらいかな?はっきりはわからないんだ」「ええ!?15?もっと下かと思った」レスポートサック 柄 一覧
Related articles:

  
   http://jgxy.ncgxy.com/index.asp
  
   http://www.771888.info/plus/view.php?aid=187644
  
   http://www.royue.com/bbs//viewthread.php?tid=53669&extra=page%3D1&frombbs=1
返回列表